保育士として働く時間

保育士の資格取得を目指している人や保育施設への就職を考えている人は、この仕事の時間的な条件について知っておくことも大切です。
保育所の例をみると、保育時間は7時30分から18時となっているのが一般的です。

保育士にも労働基準法が適用されるので、1日の労働時間は8時間以内と定められています。
保育所の規定保育時間だけでも8時間を越えているため、一般的にはシフト制が取り入れられています。
中番を基本としてそれより早い時間から勤務する早番と、遅い時間に終了する遅番が設けられ、職員が交代で保育にあたります。

保育施設に子供を預ける立場の事情を考えると想像することができるように、子供を預ける家庭にとって時間外に対応してくれる施設の必要性は深刻です。
最近では夜間保育や延長保育を行う施設がたくさんみられます。

今後そのような施設が増えていくことも予想されるでしょう。
それにともなって資格を持つ保育士の勤務時間も早朝から深夜までと際限なく広がることになるでしょう。
ただし、正職員がすべてのシフトを担当するわけではなく、たいていの施設では早朝や夜間、送迎の忙しい時間帯などに専門のパート職員を採用して対応しているようです。
時間外労働の心配はそれほどないといえますが、季節ごとの行事や日々のトラブル、子供たちの事情によって時間通りに終了できないことも多いでしょう。

一般の会社や公的機関の勤務と違って、時間的に不規則になりがちであるともいえるでしょう。
保育士の資格を目指す人や就職を考えている人は、時間的な面でも自分にふさわしいかどうか検討する必要があるでしょう。
保育士資格の取得を目指しているあなたへ資格取得への道は2択です

保育士資格関連情報