保育士として働く場所

保育士として働くには、まず資格を取得することが義務付けられています。
就職を希望する場合には、施設が公立か私立かによって募集情報の入手から応募、採用までの道のりが異なってきます。

就職先は保育所のほかにもいくつかあり、その場合も公立と私立による違いがみられます。
まず、地方自治体が管轄する公立の保育所と、民間が経営する私立の保育所についてご紹介しましょう。

公立の場合は採用されると地方自治体の職員として扱われます。
採用試験の情報は自治体のホームページや広報で入手することができます。
公立の大きな特徴は、応募した時点で採用のチャンスを得られなくても、資格を持っている者として登録され、後日欠員が出たときに臨時採用や本採用のチャンスが与えられる仕組みになっていることです。

私立の保育園の場合は、他の一般的な職業と同じように、求人情報やハローワークなどで情報を得て応募するのが通常です。
最近では保育士に特化した派遣会社もみられ、自分の都合に合わせた働き方ができる形態もあり、家庭との両立を目指す人には働きやすいといえるでしょう。
その他、託児所や児童福祉施設で働く場合も保育士の資格が必要とされます。
児童福祉施設は地方公共団体の職員という扱いになり、自治体のホームページや広報で募集の情報を得られます。
託児所は各施設のホームページや求人情報誌、ハローワークなどで募集の情報を得るのが一般的です。

子供を持つ家庭の生活様式の変化にともない、商業施設やレジャー施設にも託児施設が設けられるケースがみられます。
保育士の活躍する場はこれから増えていくだろうと考えられます。
保育士資格の取得を目指しているあなたへ資格取得への道は2択です

保育士資格関連情報