保育士 仕事

保育士という仕事

保育士になりたいけど、実際に保育士の仕事ってどんなものかご存知でしょうか。
子供と接しているだけが保育士の仕事ではありません。
こちらでは、保育士という仕事について解説しています。

そして、保育士の需要や収入、保育士として働ける場所や労働時間などを詳しくご紹介しています。
こちらを読めば、保育士とはどんな仕事なのか、具体的にイメージできるかと思いますので、ぜひ参考にしてください。

保育士という仕事個別ページ一覧

保育士の仕事とは
保育士の資格について興味のある人や、子供の頃に保育園や幼稚園に入園した経験を持つ人は、保育施設での仕事についてある程度想像することができるかもしれません。では、資格を得て保育士として働く場合、実際の仕事内容はどのようなものなのか具体的にご紹介しましょう。保育士の仕事には、子供と接することの他に保護者との連絡や報告、保育の場の環境作り、行事の企画や準備など様々な業務があります。保育所で預かる子供たちの年齢は0歳から小学校入学前までと幅広く、それぞれの年齢にあわせたお世話や遊ばせ方、指導の内容を考え...
高まる保育士の需要
最近、社会的な問題になっているのが、待機児童の問題です。仕事や家庭の都合で子供を預けなければいけないのに、預ける施設が足りないという状況が、この問題を生じさせています。夫婦共に仕事を持っていたり、家庭に祖父母など世話をしてくれる家族がいなかったりする場合には、子供の安全と健康的な成長のために保育士のいる施設へ預ける必要が出てきます。出産後から仕事に復帰したり、仕事を辞めずに子供をもつことを考えている女性にとって、出産前に保育施設をみつけることが深刻な課題になっているようです。女性が仕事に復帰し、...
収入からみた保育士の仕事
保育士の資格取得を目指す人の中には、収入よりも子供と接する仕事ができれば十分という人もいるでしょう。ですが、正式に資格を取って一生の職業として選択する場合には、収入面での条件も検討する必要があるでしょう。保育士といっても勤務先はさまざまで、保育施設が公立か私立かによって手当ての内容が違ってきます。また、託児所と保育所でも待遇の違いがみられるようです。私立の保育所や託児所はそれぞれの施設によって条件が異なるので、就職を希望する前に細かく確認することが大切です。各施設の経営方針や施設のある地域によっ...
保育士として働く場所
保育士として働くには、まず資格を取得することが義務付けられています。就職を希望する場合には、施設が公立か私立かによって募集情報の入手から応募、採用までの道のりが異なってきます。就職先は保育所のほかにもいくつかあり、その場合も公立と私立による違いがみられます。まず、地方自治体が管轄する公立の保育所と、民間が経営する私立の保育所についてご紹介しましょう。公立の場合は採用されると地方自治体の職員として扱われます。採用試験の情報は自治体のホームページや広報で入手することができます。公立の大きな特徴は、応...
保育士として働く時間
保育士の資格取得を目指している人や保育施設への就職を考えている人は、この仕事の時間的な条件について知っておくことも大切です。保育所の例をみると、保育時間は7時30分から18時となっているのが一般的です。保育士にも労働基準法が適用されるので、1日の労働時間は8時間以内と定められています。保育所の規定保育時間だけでも8時間を越えているため、一般的にはシフト制が取り入れられています。中番を基本としてそれより早い時間から勤務する早番と、遅い時間に終了する遅番が設けられ、職員が交代で保育にあたります。保育...

保育士資格関連情報