保育士 資格 テキスト

保育士試験のためのテキスト類

働きながら、あるいは子育てをしながら資格取得を目指す人の多くは、自分で受験勉強をすることになるでしょう。時間的な問題だけでなく、費用を考えて独学する人も多いようです。
保育士試験は8つの専門的な科目についての筆記試験、および保育の場で必要とされる実技2科目を試される内容となっています。それぞれの科目で6割以上の得点が必要とされ、専門的な知識が求められます。
資格試験によく出題されるのが保育所保育指針に関する問題です。そのような専門知識を学ぶためには福祉や保育の「専門用語集」も必要です。法律に関する内容については「法令集」を参考にする必要があるでしょう。
多くの受験者から支持を得ているテキストとして「保育士養成講座」があげられます。書店で入手することが可能であり、価格的にも負担が軽いといえるでしょう。出版元は全国社会福祉協議会となっており、このテキストからの出題が多くみられることでも信頼を得ています。
自分で進めてきた勉強の成果を確認するには、問題集が役立ちます。苦手な科目を知り、試験までに不足な知識を身につけるためにも、問題集で実力を確認しながら学習を進めていくと効果的でしょう。問題集も書店で購入することができます。
実際に国家資格試験で出題された問題集はインターネットなどで入手できます。過去3回分程度の問題が解ければ、合格レベルに近づくことができるでしょう。
保育士養成校に入学した場合には、2年から4年という期間に必要な知識や技術をしっかり身につけることができます。しかし、仕事や家庭と両立する場合には優良なテキストを自分で選び、学習を計画的に続けていく意志の強さが必要でしょう。
保育士資格の取得を目指しているあなたへ資格取得への道は2択です

保育士資格関連情報