保育士 資格 通信教育

通信教育による保育士講座の活用

保育士の資格を取るには養成校に入学する以外に、独学や受験対策スクール、通信教育によって学習し、試験に合格する方法があります。

専門的な内容を効率よく学ぶために通信教育を利用する人も多いようです。
スクールへ通学する時間がない人にも利用しやすい学習方法となっています。


有名な通信教育機関の中から、まず最初に四谷学院をご紹介しましょう。
四谷学院では「55段階学習システム」という特徴的な学習方法を取り入れています。
1章の学習時間は30分と定められ、DVDとテキストを使って学習し、演習問題で終了します。

四谷学院の大きな特徴は、担任による指導が受けられることでしょう。
科目ごとの提出課題の添削や様々な質問に特定の担任が対応してくれるので、保育士試験合格までの強い支えとなるでしょう。
教材にはテキストとDVDを中心に、資料集、問題集、実技対策DVD、演習トレーニングCDが用意されています。

担任による指導が受けられる保育士講座    四谷学院の通信教育
もうひとつの通信教育にユーキャンがあります。各種資格取得のコースをもち、広く知られている通信教育です。
ユーキャンの保育士講座では12ヶ月を標準学習期間と定め、資格試験合格を目指してしっかり学習できる内容となっています。

使用する教材はテキストと実技対策DVDのほか、問題集と資料集が用意され、筆記試験の8科目と実技2科目に備えて学習することができます。
指導内容としては、模擬試験が1回と添削課題の提出が8回となっており、添削指導が受けられます
学習内容や試験などに対する質問は郵便やメール、FAXで対応してもらえます。

添削指導もある保育士講座    ユーキャンの通信教育

保育士資格関連情報