保育士 資格 取得対策

保育士資格の取得対策

こちらでは、保育士資格を取得するための対策をご紹介しています。

国家資格である「保育士」の資格を得るためには、実技試験と筆記試験があります。
まずはその試験の内容についてご紹介しています。

そしてさらに、保育士試験のためのテキストや、受験対策スクール、通信教育の活用方法などをご紹介してます。

保育士資格の取得をお考えでしたら、ぜひお役立てください。

保育士資格の取得対策個別ページ一覧

保育士資格試験の内容
保育士の国家資格を得るためには筆記試験と実技試験に合格する必要があります。筆記試験は全科目で8時間となり、実技試験は筆記試験に合格した者だけが受験できます。実技試験には3つのジャンルが用意されており、そこから2つを選択して受験します。筆記試験は科目ごとにそれぞれ1時間となっており、トータルで8時間、2日間にわたって実施されます。正確には10科目となりますが、2つの科目に関しては、1時間の試験時間に2つの科目が含まれているので注意が必要です。「児童福祉」「社会福祉」「小児栄養」「小児保健」「保育原...
保育士試験のためのテキスト類
働きながら、あるいは子育てをしながら資格取得を目指す人の多くは、自分で受験勉強をすることになるでしょう。時間的な問題だけでなく、費用を考えて独学する人も多いようです。保育士試験は8つの専門的な科目についての筆記試験、および保育の場で必要とされる実技2科目を試される内容となっています。それぞれの科目で6割以上の得点が必要とされ、専門的な知識が求められます。資格試験によく出題されるのが保育所保育指針に関する問題です。そのような専門知識を学ぶためには福祉や保育の「専門用語集」も必要です。法律に関する内...
保育士受験対策スクールの活用
資格試験のための学習と、仕事や家事を両立することは大変なことでしょう。自分の学習を補足して確実な資格取得を目指すために、受験対策スクールを活用する方法もあります。時間的に制約のある人には午前中や夕方から開催するコースが便利でしょう。定期的に通学できない人には、試験直前に集中して受けられるコースや、科目を限定して学ぶことができるコースがおすすめです。実績があることで人気が高いスクールとして、ライセンス学院とキャリア・ステーションをご紹介しましょう。
通信教育による保育士講座の活用
保育士の資格を取るには養成校に入学する以外に、独学や受験対策スクール、通信教育によって学習し、試験に合格する方法があります。専門的な内容を効率よく学ぶために通信教育を利用する人も多いようです。スクールへ通学する時間がない人にも利用しやすい学習方法となっています。有名な通信教育機関の中から、まず最初に四谷学院をご紹介しましょう。四谷学院では「55段階学習システム」という特徴的な学習方法を取り入れています。1章の学習時間は30分と定められ、DVDとテキストを使って学習し、演習問題で終了します。四谷学...

保育士資格関連情報