保育士 能力

保育士に必要な能力

子供が好きで保育士になることを夢見る人は多いでしょう。
保育士の仕事をするためには、いくつかの特徴的な能力が求められます。
その主なものをご紹介しましょう。

保育所には一年を通じて様々なイベントがあります。
誕生日会、運動会、お節句、クリスマスなど、子供たちを楽しませながら文化に触れさせるよい機会でもあります。

それら行事の企画や計画、進行、指導を行う役割をこなすのも保育士の仕事です。
豊富なアイディアを提案する企画力と、子供たちに合わせた内容を指導する能力、実行していく行動力などが求められます。

また、保育所の仕事には、子供たちが楽しめるような保育室の飾りつけがあります。
誕生日や季節の行事などのたびに保育室を飾ったり、お知らせをわかりやすく目に付くように工夫して壁に張り付けたりなど、デザイン力や柔軟な発想力も求められるでしょう。
資格を取るまでにすべてを身につけるのは難しいことです。
実際に保育の場に勤務してからでも遅くはないでしょう。
先輩のアドバイスを受けて経験を積みながら身につけていくとよいでしょう。

就職する前には資格を取る必要があり、試験科目には音楽が含まれます。
保育所では、体操や踊り、歌の時間にはピアノやオルガンを使用する機会が多いものです。

そのため、現場で役立つように、最低でも楽譜の読み方と童謡やマーチの伴奏ができる程度のピアノ能力が必要です。
資格試験を受ける前の準備として、ピアノのレッスンを取り入れておくとよいでしょう。
保育士資格の取得を目指しているあなたへ資格取得への道は2択です

保育士資格関連情報