保育士 資格 方法

保育士の資格を取得するまで

保育士になるには国家資格を取得する必要があります。
そのための手段には国家試験を受験する方法と、保育士養成校に入学する方法があります。

これから保育の仕事に就くことを検討している人は、資格を取得するためにどれくらいの時間が必要となるのか気になることでしょう。

勉強や就職の計画の参考になるように、一般的な例をご紹介しましょう。

国家試験を受験する場合は、受験希望者の立場によって要する時間は様々です。最低必要な勉強期間は8ヶ月といわれます。
合格を目指す人の学習時間の基準として参考にするとよいでしょう。

仕事や育児と両立して勉強する人や、受験勉強だけに集中する人ではかなりの差が生じます。
両立の場合は1年から3年かかるのが一般的です。
短期間集中して勉強した人の場合でも、6ヶ月の期間を要した例がみられます。
試験は各科目ごとに分けて受験することも可能です。
ただし、試験の実施は年に1度と定められ、3年間ですべての科目を合格する必要があります。
就職や転職を考えている人は計画的に受験を検討する必要があるでしょう。

厚生労働大臣が認定する指定保育士養成施設に入学する場合は、各施設によって期間が異なります。
必要な期間は卒業するまでの2年から4年と考えればよいでしょう。

短大や専門学校で2年、大学で4年となります。
通信校や夜間学校の場合は3年程度の期間が必要となります。
指定保育士養成施設では保育の現場で必要とされる知識を学び、定められた過程をこなすことで卒業と同時に国家資格が与えられます。

このように保育の仕事を目指すには準備期間が必要です。
自分にとって可能な方法を検討して、計画を立てるとよいでしょう。
保育士資格の取得を目指しているあなたへ資格取得への道は2択です

保育士資格関連情報