保育士の資格を取得するための資金

保育士の資格取得を目指す人はいくつかのタイプに分かれ、必要となる費用も違ってきます。
仕事や家庭と両立しながら国家試験の受験を目指す人と、指定の保育士養成校に入学して資格を得る人では費用面でかなりの差があります。

自分で勉強して保育士試験を受験しようとする場合は、受験料として12,700円かかります。
その他、勉強に使用するテキスト類にかかる費用が3万円程度。通信教育を受ける場合は5万円から10万円くらいの費用がかかるようです。

内容も費用も養成校ほどではありませんが、受験を目指す人のためのスクールもあります。
費用は10万円以上必要となる場合が多いようです。
確実に合格を目指したい場合は、計画的に学習を進めると共に、短期集中のスクールや通信教育を組み合わせるのもよいでしょう。
高校を卒業、または同等と認められる人の場合は、保育士養成校への進学を目指すことが一般的なようです。
その場合の費用は、学校のタイプによらず1年間で100万円は必要になるようです。
単純に計算しても、専門校や短大では2年間なのでトータル200万円、4年制大学では400万円必要ということになります。

その他指定の養成校には夜間の学校や通信コースもありますが、期間が短大や専門校より長くなる点で注意が必要です。
費用の面では他の施設より低く設定されているので、働きながら資格を取得したい人は検討してみるとよいでしょう。

保育士の資格を目指す人は、自分の置かれている立場から考えて、時間的にも費用面でも無理なく資格取得できる道を選択することが必要でしょう。
その場合には、取得までに要する期間のことも意識しておくことが大切です。
保育士資格の取得を目指しているあなたへ資格取得への道は2択です

保育士資格関連情報