保育士 資格とは

保育士の資格とは

保育士という言葉が使われる以前は保母という名称が一般的でした。
その後社会的な状況の変化から保育に従事するための資格が国家資格に変更となり、保母という名称が使われなくなりました。
男性職員も積極的に採用されるようになったこともあり、保育に従事する人の名称が保母では不自然となり、今ではほとんど保育士という名称が用いられています。

国家資格になる以前、保母になるためには都道府県の試験を受けるか、保母の養成機関を卒業することが一般的な道のりでした。
試験に合格、または養成機関を卒業することで資格証明書が交付され、保母としてさまざまな保育施設での就業が可能でした。
その後、児童福祉法の改正にともない、2003年に保育士が国家資格として定められました。
試験に合格して資格を取得すると保育士登録が義務づけられ、正式に登録されていないと各施設での就業ができない規則になっています。
国家資格を取得し、登録されることで母子指導員や児童生活指導員という職業に就くことも可能です。

少子化という社会現象や保育施設におけるトラブルなどの例から、保育施設の仕事に従事する人の責任感や社会的信用が問われ、保育に従事する場合の条件が見直されることになったようです。
正式な資格を持たず、登録されていない人が保育施設で働いたり、保育士として名乗ることは法律で禁じられています。

さまざまな保育施設で働くためには、国家試験に合格するだけでなく、正式に登録されている必要があります。
保育に関わる職業を検討する場合は、それらの決まりを知っておくことが必要でしょう。
保育士資格の取得を目指しているあなたへ資格取得への道は2択です

保育士資格関連情報