保育士の資格について

保育士になるには、資格が必要不可欠です。
2003年から保育士は国家資格となり、保育士登録が義務となっていて、正式に登録していないと各施設での就業ができないという規則があります。

こちらでは、保育士の資格について、そして保育士資格を取得するためにはどうすればよいのか、どれぐらい勉強すればよいのか、資金はいくらぐらいかかるのかといったことを説明しています。

保育士の資格について個別ページ一覧

保育士の資格とは
保育士という言葉が使われる以前は保母という名称が一般的でした。その後社会的な状況の変化から保育に従事するための資格が国家資格に変更となり、保母という名称が使われなくなりました。男性職員も積極的に採用されるようになったこともあり、保育に従事する人の名称が保母では不自然となり、今ではほとんど保育士という名称が用いられています。国家資格になる以前、保母になるためには都道府県の試験を受けるか、保母の養成機関を卒業することが一般的な道のりでした。試験に合格、または養成機関を卒業することで資格証明書が交付さ...
保育士の資格を取得するには
保育に関わる仕事に就くには国家資格が必要です。では、どのようにすれば資格を得られるのかご紹介しましょう。大きく分けて2通りの方法があります。自分で国家試験を受験する場合と保育士養成校に入学する方法です。2003年までは各都道府県で保母の資格証明を取得することが条件でした。その後、児童福祉法が改正されたことにより全国統一の国家試験となり、資格の取得を義務づけられるようになりました。試験の内容には筆記試験と実技試験があります。養成校のカリキュラムをこなした人と同等の知識を求められるので、独学の場合に...
保育士の資格を取得するまで
保育士になるには国家資格を取得する必要があります。そのための手段には国家試験を受験する方法と、保育士養成校に入学する方法があります。これから保育の仕事に就くことを検討している人は、資格を取得するためにどれくらいの時間が必要となるのか気になることでしょう。勉強や就職の計画の参考になるように、一般的な例をご紹介しましょう。国家試験を受験する場合は、受験希望者の立場によって要する時間は様々です。最低必要な勉強期間は8ヶ月といわれます。合格を目指す人の学習時間の基準として参考にするとよいでしょう。仕事や...
保育士の資格を取得するための資金
保育士の資格取得を目指す人はいくつかのタイプに分かれ、必要となる費用も違ってきます。仕事や家庭と両立しながら国家試験の受験を目指す人と、指定の保育士養成校に入学して資格を得る人では費用面でかなりの差があります。自分で勉強して保育士試験を受験しようとする場合は、受験料として12,700円かかります。その他、勉強に使用するテキスト類にかかる費用が3万円程度。通信教育を受ける場合は5万円から10万円くらいの費用がかかるようです。内容も費用も養成校ほどではありませんが、受験を目指す人のためのスクールもあ...

保育士資格関連情報